2014年02月20日

CRANK BROTHERS

今までMTB用ビンディングペダルはSPDで調子よく使用していたのですが、今年からCXを走るようになりクリートとペダルの泥づまりが気になるようになってきました。
CX近辺に関して私なりに見聞きして調べたところ、やはり泥づまりにはCRANKBROTHERSが圧倒的に強いと結論に至り、CRANKBORTHERSの製品の取扱いを本格的に開始することにしました。


画像 331.jpg
CRANKBROTHERS MALLET DH RACE

ということで、取り扱いに先んじて自身でテストしてみました。
CXで泥の話を振っておいてからDHIとかかけ離れているやないかと、はい、仰っしゃるとおりでございます。
他のペダルがまだ入荷待ちということとMALLET DH RACEはこれはこれで興味があったんですよ以前から。

このMALLET DH RACEは2012ワールドカップDHIにおいてTOP5(2013はたしかTOP9くらいだったはず)全員が使用、というくらいDHレースにおいては圧倒的シェアを誇るペダル。
DHなんかそれこそスタートからゴールまでペダル外すことすら稀だから泥づまりなんて無視していいんじゃないかと思われるでしょうが、DHにおけるこのペダルのメリットは泥づまりのし難さに非ズ。

画像 330.jpg

シューズは惜しまれつつも終了したTEVAのPIVOT
写真を見るとペダルのケージ形状がコンケーブ(船底形状)になっておりシューズのソールとぴったりと密着しております。これによりペダルをしっかりと面で捉えて踏ん張りが効き衝撃で足が外れにくくなっております。足裏も末端の感覚器なのでそこが面で接しているというのはとても有効に作用します。さらにペダリングセクションにおける力の伝達はフラットペダルのそれよりも遥かに高いのは言わずもがな。

要約するとフラットペダルに極めて近い感覚で使えるビンディングペダルということです。

ケージタイプのペダルはもちろん他社からもたくさん出ていますがこのペダルが間違いなく一番フラットペダル感が強いです。
DHレースで上を目指す人はもちろん、トレイルライドのフラットペダル派の人にも是非使ってもらいたいペダルです。私も普段フラットペダルで使用しているトレイルバイクに装着してみたのですが登りはもちろんフラットペダルより楽チンだし、下りにおいてもケージを面で捉えているのでほとんどフラットペダルに近い感覚でコントロールできました。ハードテイルバイクなので荒れた路面での突き上げでペダルを踏み外しそうになることも稀にあったのですがこれであれば皆無。

SPDと比較するとスプリングのホールドは柔らかめ。
ペダルを車体に取り付けていない状態で手でペダルをクリートに押し付けて簡単に嵌るくらい。
スプリングのプリロードの調整機構もついていないのでSPDのようながっちりとしたホールド感と比べるとやや頼りない気もしますが実際に使用してみると不意に外れてしまうようなことはありませんでした。
クリートが滑りやすい真鍮製というのも嵌め易さに一役買っていそうです。SPDクリートと比較するとステップインも角の取れたソフトな感じ。クリートを固定する中心部分が回転して四面いずれでもクリートをキャッチするので無造作に上から踏み込めばパチンとはまります。
なお、クリート耐摩耗性は鉄製であるSPDに軍配。
こちらはこの後ハードテイルやフルサストレイルバイク、あるいはDHバイクに取り付けてテストを重ねて行きたいと思います。



さて、ここからは入荷予定の商品を先取りして紹介

571375_800.jpg
CRANKBROTHERS MALLET 3

571376_800.jpg
CRANKBROTHERS MALLET 2

ダウンヒル、4X、BMX向きがこのMALLETシリーズ
MALLET DH RACEが発売されてからDHIではそちらがメインですが、たしかUNIITED RACINGのトレイシー・ハナー選手なんかはこのMALLET 3を好んで使っていましたね。DH RACEより目方が軽いのと女子なので足が小さくそこまで大きなケージは必要ないということでしょうか?
2と3の差は内側の軸受が3はニードルベアリング仕様、2はブッシング仕様という点です。重量は2の方がやや軽量。
トレイルライドにも良さそうなのでこちらのMALLET2はハードテイルのトレイルバイクにインストール予定です。



574582_800.jpg
CRANKBROTHERS CANDY3

571133_800.jpg
CRANKBROTHERS CANDY2

トレイルライド、XC、CX向けのCANDYシリーズ
軽量性は後述するEggbeaterに譲りますがケージ付きなのでペダルそのものの剛性が高くガタが出にくいです。もちろん踏み面も広く取れるので安定感にも優れます。
先日CX東京に来日したFOCUSのザック・マクドナルド選手やKONAのバリー・ウィック選手なんかはこちらを好んで使われているようですね。2,3の差はMALLET同様
こちらはCANDY2をXCバイクに装着予定



571137_800.jpg
CRANKBROTHERS Eggbeater3

574587_800.jpg
CRANKBROTHERS Eggbeater2

最後になりましたがこのEggbeaterがCRANKBROTHERSを代表するペダル
XC、CX向けのコンペティションペダル。言わずもがな最も軽量です。CXでの使用率はこれが一番高いのかな?
東京CXではTREKのケティ・コンプトンがEggbeaterでした。
私もシクロクロスではEggbeater3を使用予定です。



そんなわけで上記で紹介したペダルはすべて近日中に入荷予定です。
私も随時自前のバイクにインストールしていこうと思いますので使用感、あるいは試乗してみたい方は遠慮なく仰ってください。
ベアリングキットやクリートなども常備いたしますのでご安心を。
もちろん上記以外にEggbeater11やCandy11もお取り寄せ可能です。

それでは入荷までしばしお待ちください。

posted by オガワサイクル 店主 at 00:16| 新入荷

2013年12月26日

RACEFACE&NSB入荷

TAK21さんから1日遅れでクリスマスプレゼントが届きました。
これで数字がたくさん並んだ紙切れがついてなければ最高なんですけどね。

PC261212.JPG

RACEFACEの欠品していたチェーンリングが大量入荷
もちろんWIDE-NARROWです。
現在の在庫は
黒 30T 34T 36T
赤 34T
緑 32T 38t
青 32T

となっております。


続いてNorth Shore BilletことNSB

PC261215.JPG

NSB SRAMクランク用ダイレクトマウントスパイダー

純正のスパイダーを外して装着可能です

わざわざ純正からスパイダーを換える理由は? カッコイイから? ノン

PC261214.JPG

NSB 1x11用バッシュガード

こちらを使用するために必要だったのです。

ちなみに装着するとこんな感じ。

XX1-with-32T-Guide-Ring-sm.jpg

冬季休業の前に自前のバイクにインストールして試してみる予定です。
装着したらまた写真掲載します。


そして小物

PC261217.JPG

KOOLKOVER CLEATCOVER SPD-SL用、KEO用 ¥1,600(税抜)

こちらのSPD-SL用はSM-SH12(青クリート)にも対応しております。


PC261216.JPG

WHEELMANUFACTURING チェーンステイガード

定番のクリアガード
ワイドタイプとナロータイプがございますのでチェーンステイ幅に応じてお買い求め下さい



今年も残すところあと5日。風邪など引かぬように乗り切りましょう


posted by オガワサイクル 店主 at 13:02| 新入荷

2013年12月12日

完成車、フレームセット入荷

アベノミクスが功を奏したかこの冬のボーナスは前年比で平均0.5%UPだそうです。喜ばしいことですね。

それとは一切関係ありませんが色々と店頭の商品を増やしてみましたのでずずいっとご覧ください。

皆さんのボーナス使い道が少しでもこちらへ向いていただけるなら大変嬉しいです。いや、向くだけやのうて辿り着いてもらわないとだめなのか。


PC031050.JPG
Lapierre DH722 Sサイズ

ゲレンデシーズンはとっくの昔に終わりましたが来シーズンへ向けて入荷しました。
2014ではラインナップからなくなってしまいましたのでこちらは2013モデル。
2台在庫しておりましたが1台売れてしまったのでラスト1台となります。
こちらも2013モデルということでややお買い得なプライスを設定しております。詳しくは店頭にて。


PC031040.JPG
KONA MAJOR JAKE 53サイズ

こちらは打って変わってシーズン真っ盛りのシクロクロス。
やはり2014ではラインナップから無くってしまいました。
まだまだ需要の多いカンチブレーキ仕様です。
BB30、そして44/56のテーパードヘッドチューブです。BB、ヘッドもそれぞれご用意しております。
北米でのKONAファクトリーチームといえばちょっとしたもので、昨年インターバイクへ行った際に観戦したシクロクロスのレースではかなり多くを占めておりました。


PC121166.JPG
LAPIERRE CX CARBON 54サイズ

シクロクロスの能書きは前回今回とやりましたのでそのへんは端折って今回は特徴をピックアップして

PC121168.JPG
フレーム/フォークはディスクブレーキ対応。リアエンドは130/135と可変できるのでOLD130mmロードハブも135mmのMTBハブもいずれも使用可能です。カンチの時は130mm、ディスクの時は135mmというのが基本となるでしょう。


PC121172.JPG
カンチブレーキ用アウターストッパーはボルトオンで固定されているのでディスクブレーキで仕様の際は外せます。同様にカンチブレーキ用スタッドボルトも前後とも取り外し可能。

PC121169.JPG
電動変速用ハーネスを内蔵出来る設計です。その際はトップチューブのシフトケーブルガイドはまるごと外してスッキリさせられます。

クロス車として実践的であることはもちろん、ディスクブレーキや電動変速システムも見据えてこれだけ拡張性のある設計は珍しいと展示会で見て以来ずっと印象に残っていたバイクでした。

こちらは2014も継続ですがいよいよディスクブレーキが標準装備となります。

今シーズン途中から、あるいは少し気が早いですが来シーズンへ向けていかがでしょうか?

posted by オガワサイクル 店主 at 21:37| 新入荷

2013年12月02日

LAPIERRE CYCLOCROSS ALLOY

クロスシーズン真っ盛りということで当店でもシクロクロスをラインナップしております

いろいろと入荷しているのですが今回ご紹介するのはこちら

PB301030.JPG
LAPIELLE CYCLO CROSS ALLOY (54size)

展示会で見かけて以来ずっと気になっていたモデルですがようやく店頭に並べることができました。

PB301029.JPG

フォークはEASTONのEC70Xですがフレームと一緒にデザインしてあるので統一感があります。


PB301028.JPG

ハンドルバー他ハードパーツはRitcheyを使用。アシストレバーも装着されていますが納車の際に外すことももちろん可能です。個人的にはすぐ握らなくなるので外してしまったほうがスッキリ纏まるかなと思います。


PB301026.JPG

シートチューブ裏のワイヤー受けにはアジャストボルトが装着
最近はワイヤー受けはすべて割りカップ式になっているフレームが多いのですがその場合ワイヤーテンションの調整のためアジャスターをワイヤーの中間に割入れないとだめなのですがこのような台座があれば見た目もスッキリと纏まり調整も容易です。こういったちょっとした気遣いがありがたいですね。


2014年モデル以降、シクロクロスはどんどんとディスクブレーキ化の流れが進んでおります。
私もどちらかといえば新しい技術は積極的に取り入れていくほうなのでディスクブレーキは推奨派なのですが、現場のからはまだまだカンチブレーキのメリットも捨てがたいという声も大変多く聞こえます。
そういうわけでして、今度手に入りにくくなるであろう感知ブレーキの完成車両を早いうちにストックしておくことにしました。
定価は¥180,000(税抜)
2014年の同モデルより10%ほど安価ですがここからさらに若干ですがお安く提供させていただけます。
ご興味ある方は店頭にて仰ってください。
(ダウンチューブの工作とカラーリング以外大きな変更はございません。)

写真は54サイズです。50サイズをご希望の方はご相談ください。

CXシーズンもじき半ばですがまだまだ今からでもはじめるに遅くはありません。是非CXレースに参加しましょう!
posted by オガワサイクル 店主 at 01:23| Comment(0) | 新入荷

2013年10月29日

HAROキッズバイク 取り扱い開始

HAROキッズバイク取り扱い開始です。

かねてからGONZO PARKのキッズパークで使えたりするキックバイクやBMXのご要望をいただいておりましたので今期からHAROのZシリーズを取り扱います

PA220945.JPG
こんな感じの可愛らしい箱で届きます

そのままお渡しするのもプレゼントっぽくていいのですがそこはやはり人間が跨るもの。
梱包を解いてきっちりと点検調整してのお渡しです。

PA230946.JPG
HARO Z10

キックバイクは10インチと12インチ
BMXは12インチと16インチのラインナップとなります。

徐々に入荷していきますのでお楽しみに。
posted by オガワサイクル 店主 at 02:06| 新入荷