2018年07月23日

MTBパークのススメ

IMG_2486.jpg

一昨日は白馬岩岳MTBパークへ遊びに行ってまいりました。
雨で2度の順延となりましたが念願かなってようやく晴れました。

IMG_2491.jpg

白馬は避暑地だと思っていたけど想像以上に暑い。
そりゃあ、東海三県の灼熱地獄に比べたらなんぼかマシですが、私の知ってる白馬はもう少しひんやりしていたはず。途中暑さでうなだれます。

軽く熱中症になりかけた参加者もいましたが早めに休養、アイシングを行って大事には至らず
参加者全員怪我なく久々のパークライドを満喫しました。
皆さんおつかれさまでした。

さて、ここらでMTBパークでのDHライド、何が必要なのか一度振り返ってみることにしましょう。

P7235434.JPG
バイク

手持ちのもので大丈夫です。
きちんと整備されていることが何より肝要なので予定の少し前に自転車屋さんで点検すると良いでしょう。この時、どこへ行くか、どういう用途で使うかを伝えておくと有益な情報が引き出せるかもしれません。
building_bicycle.png
ネジの緩みやブレーキパッドの損耗、タイヤのサイドカットなんかが発生していたりすると折角のライドが台無しになる場合があります。直前に持ち込むと部品の手配が間に合わない場合があったりしますので余裕をもって3日前、できれば1週間くらい前に点検整備するのが望ましいです

P7235435.JPG
P7235436.JPG
セーフティギア

フルフェイスのヘルメットは強く推奨。
MTBパークというのは高速道路みたいなもんでどうしても普段よりスピードが上がりがちになります。
それを望んで行くのだから当然と言えば当然ですが、その分転倒した際のリスクは大きくなります。
肘、膝、脛などのプロテクター類も同上の理由により装着を推奨、ボディアーマー、ネックスタビライザーなどもあれば心強いです。
手持ちで揃えるのが厳しければパークでレンタルをやっているところもありますので、そちらを利用する方法もございます。
ゴーグルは、特に晴天が続くとコースが乾いて砂埃が立ちやすく、前走者の巻き上げた砂埃で視界がふさがれたり眼がシバシバしたりすることになります。サングラスでもいいですができればゴーグルを推奨します。

P7235437.JPG
P7235438.JPG
ハイドレーションバッグ

登りはリフトやゴンドラで快適に、下りのみを楽しめるのがパークライドの楽しいところですがやはり補給は必要です。大汗かいてペダルを漕がずとも身体は疲労します。特に白馬岩岳MTB PARKや富士見パノラマなんかだとコースが長く、休憩なしで一息に下ってくるのは大変です。
ペットボトルや一般的なウォーターボトルでもかまいませんが、特にフルフェイスのヘルメットなんか被っているとハイドレーションバッグでの給水が大変便利です。

P7235441.JPG

ハイドレーションバッグの中にメンテナンスツールも入れて携行しましょう。
走り始めて程なくしてパンクして、行くも地獄戻るも地獄、という場面を何度も見ていますし、私自身も経験があります。普段のトレイルライドと同程度の装備はあった方が良いでしょう。チューブレスタイヤのパンク修理はSAMURAISWORDが良いです。サイドカットも簡単にしっかりと直せます。

P7235439.JPG

こんな感じでサドルバッグやフレームバッグを利用して、自身は空荷で、という方法も悪くありませんが最近は背面プロテクターを兼ねたバッグも増えているのでプロテクターを装着するという意味でもバックパックが好ましいです。

0000000010622.jpg
main.jpg

その他
タープテントはちょっと嵩張りますが日陰を作ってくれます。駐車場、案外日陰が無いものなのです。
同様にリクライニングチェアやテーブルなんかもあると快適です。あまりに快適すぎるとライドはもういいかー昼寝でもするかー、ってなります。でもまぁそれはそれでOKです。
DHパークがあるような土地は標高が高く暑くとも湿度が低く陽射しさえ遮ってあげれば案外快適です。
クーラーボックスは冷えた飲み物を補完することはもちろん、お弁当なんかも傷めずに置いておけます。
一昨日、車内に保管しておいたコンビニのおにぎりとパン、食べるときには炊き立て、焼き立てになっていました。腹は下しませんでした。

IMG_2493.jpg
私はハンモックの魅力にやられてしまいました。買おう(義務感)

心構え
olympic19_mountain_bicycle2.png

怪我をするのはだいたい最初の1本か最後の1本です。
最初は身体の慣らしと、あとコースを下見するつもりでゆっくり下りましょう。
最後の1本は……あと1本行こう、もう1本だけ下ろう、という気持ちをぐっと飲みこんで腹八分目で止めておくことが重要でしょうか。後半になるほど目も慣れてきてリズミカルに走れるようになってきますが反面体力も消耗して身体がついて行かなくなりミスを誘発、転倒につながることが多々あります。
折角1日券を買ったのだから目いっぱい走らないと勿体ない、というのは食べ放題ではち切れるまで食べないと勿体ないという感覚と同じです。
みんな大好き定量制ですがリミットを超えると苦痛になります。自分が楽しいと感じられるだけの適量を摂取するようにしましょう。食事も、遊びも。

それではこれから夏本番。
熱中症には十分に気をつけてライドを満喫してください。
posted by オガワサイクル 店主 at 14:48| 日記

2018年07月14日

Production Privee

P7065380.JPG
Production Privee SHAN27

当店では初めてとなるブランドです

P7065379.JPG

いわゆるハードテイルのオールマウンテンバイク
フォークのストロークは150mmを選択

P7065381.JPG

タイヤは2.5インチくらいまでなら収まりそうです
(写真はリム幅29mmに2.4インチ)

P7065382.JPG

フォークはSLIK GRAPHICSでお色直し。
コンプリートキットっぽい雰囲気になります。

P7065383.JPG

シートポストはPNW componentsのCASCADE

ケーブルインターナルのフレームとポストが増える中でこういうのはありがたいですね。
価格もリーズナブルで買いやすいです。

P7065384.JPG

シフトレバーはMAGURAのSHIFTMIXでドッキング
iSPECUとB両方対応していますがUの対応はXTとXTRのみになります
SLXで使用する場合はiSPEC B用で対応しましょう。

明日は早速シェイクダウンだそうで、楽しんでいらしてください。
posted by オガワサイクル 店主 at 23:12| 日記

2018年07月03日

Surly KARATEMONKEY



P7025365.JPG

オフロードツアラーっぽく仕立ててみました。

P7025367.JPG

前三角も大き目なのでフレームバッグも余裕をもって取り付けできます。

P7025368.JPG

リジッドフォークだとやはりΦ34mmのオーバーサイズヘッドチューブが似合いますね。

P7025366.JPG

グループセットはSRAMで統一してシンプルなハンドル回り。

P7025370.JPG

一部中古の部品なんかを使いながらリーズナブルに仕上がったと思います。
posted by オガワサイクル 店主 at 12:17| 日記

2018年06月14日

シマノ製品についてお知らせ

まぁこういう表題の時は大抵良いお知らせではないんですけれどね。

P6145354.JPG

既にご存知の方も多いと思いますが、7/1よりシマノ製品が値上げいたします。理由は諸々
値上げ幅は大よそ5%です。今回は一部ではなくほぼすべての製品が対象です。
車輪やコンポーネントのアップグレードを検討されている方がおられましたら早めに部品だけでも確保しておくことをお勧めいたします。

当店では6/29(金)15時までにオーダーをいただいた製品に関しましては現行価格で対応させていただきます。手付金入金いただいたうえでシマノパーツだけ確保しておいて作業は7月に、というのも承ります。
ご検討中の皆様、お早めにお申し付けください。

景気悪い話ばかりでもつまらないので楽しい話題も少し。

先月末にシマノの新型XTRが発表になりましたが、それに伴い現行のM9000系のXTRのクローズドアウトセールを開始いたしました。
ワイヤー式、Di2、車輪、ブレーキ、すべてが対象となります。
12速は見送りで11速のままグレードアップしたい。クランク、リアメカ、シフトレバー等スポットでグレードアップしたいという希望にマッチすると思います。この機会に是非ご利用ください

P6145357.JPG

P6145356.JPG
posted by オガワサイクル 店主 at 16:23| 日記

2018年05月18日

SCOTT GENIUS740+

P5115315.JPG
SCOTT GENIUS740PLUS 組みました。

サドルとグリップはSYNCROSを使ってチューニング&コーディネイト

P5115324.JPG

P5115321.JPG

その他のアクセサリーも基本的にSYNCROSを使用

あくまで純正っぽく見える体で。

P5115317.JPG

P5115323.JPG

元々の仕様がシマノとSRAMミックスだったのでいずれかに統一したかった。
リニアなレスポンスが好みということでSWING LINKのCODE RSCではなくDIRECT LINKのCODE Rを選択。
ブレーキローターももちろん変更。CENTERLINEの180mmで。

P5115319.JPG
ケーブルの本数がやたら増えるのがSCOTTのフルサスの難しいところ。
今回はフロントメカがない分まだマシ。
グロメットに追加工をしてケーブルの取り回しを一工夫。
ハンドリングが軽く、見た目がスッキリして、転倒なんかの際にダメージを負わない、もしくは負いにくい
そんな風になってると思います。

奇をてらわず、外連味なく、上品に仕上がったと思います。
吊るしの仕様にペダル付けただけ、っぽく見えるところが個人的に気に入ってます。
posted by オガワサイクル 店主 at 02:43 | TrackBack(0) | 日記