2018年04月21日

最後の26インチ

最後ではありません

2016年2月、惜しまれつつも終了したGRAPHITEDESIGNサイクル事業部
いつか自分用に組み立てようかなと思って1本確保しておいたフレームがこの度旅立ちました。
発売されてすぐにまたがる機会があったのですが、フレームの存在を感じさせないクリアな乗り心地に衝撃を受けました。Ritchey P21に乗った時以来のことです。

P4205252.JPG
GRAPHITEDESIGN DOKKE XC

CHRISKINGのINSET7をインストールしてテーパードコラムのフォークを装着
XCコンペティションのフレームですがちょっと長めの足にドロッパーポストを入れてトレイルライド向けに誂えました。
車輪はIndutynineのコンプリートホイールのリムをFORMOSAのカーボンリムに組み替え。軽いうえに素晴らしいレスポンスです。
変速はあえてのダブル。王滝みたいなアドベンチャーライドやるときは保険も含めて選択肢は多いほうがいいんですよね。

P4205254.JPG
もちろんハンドルバーもGDR製 RISEN13
NSBのOVERLOAD STEMの窓からGDRのロゴが覗いてお洒落に仕上がりました。

今後26インチのクロスカントリー用コンペティションフレームが発売されることはないと思います。
このバイクは正真正銘、最後にして最高の26インチカーボンフレームでした。

P4205257.JPG
オーナーさん、これでSDA王滝の100kmにも挑戦されるそうで、頑張ってください。
posted by オガワサイクル 店主 at 20:00| 日記