2018年03月24日

BB装着

いまや珍しくもなくなった、というよりも中〜上級では主流になった圧入BB
それでもやっぱり不具合は発生するのでここらで取り付けのおさらいを。

今回はPF30のフレームで試してみます。

P3235227.JPG
リーマー処理
圧入部分公差を適正にします。SRAM純正のBBのようなハウジングが樹脂製のものであれば多少の歪みやキツさは吸収されてしまうのですがCHRISKINGのようなハウジングが金属製のものだとベアリングの回転の渋さの原因になったりします。そのまま使うと回転も悪いしベアリングの摩耗の原因になります。
溶接でシェルが歪んで真円が保たれていなかったりするとカッターの当たり方にムラがでて削れるところと削れないところが出たりすることもあります。

P3235228.JPG
リーマーをパイロットに変更してフェイスカット
BBハウジングのフランジが隙間なくシェルに接するように面出しをします。
一番大切なのはフレームを構成するパイプの水平垂直が保たれた上で左右のベアリングが同一軸上にぴったりと収まっていることなのですがそこはメーカーのQCを信頼しましょう。

P3235230.JPG
リーマー、フェイスカット後NOGAで角を落として完了。

P3235232.JPG
シェル内部の防錆処理と音鳴り対策をして圧入
キツキツだったBBがちょうどヌルりと良い加減で圧入されます。
使い勝手の良い工具がなかったので専用冶具を製作しました。
(ふじかわさんありがとうございます。)

P3235234.JPG
完了
CHRISKING PF30 MattJET
マットブラックのフレームにマットブラックのCHRISKINGのプレスフィットBBを装着
まったく目立ちません。言われないと気づかない程度の地味さ。
しかしそれでいい。主張しないというのもそれはまたそれで粋なものです。
posted by オガワサイクル 店主 at 00:00| 日記