2017年05月09日

SCOTT SPARK

SCOTTのSPARKを立て続けで触る機会がありましたのでご紹介。
なかなかめったに目にすることがない車両でしたので。

P4034977.JPG
SCOTT SPARK900RC WC
2017年のカタログラインナップではありませんでしたがお客様の強い希望もあって半年ほど辛抱強く待っていただきいよいよ先月入荷しました。

P4044984.JPG
昨年のオリンピックでゴールドメダルを男女とも総ざらいにしたバイクです。
これに跨ったニノ・シューターは手の付けられない強さになりワールドカップでも無敵の強さを誇りました。

P4044985.JPG
リアショックはトラニオンマウントのFOX FLOAT
ホイールは前後ともBOOSTで最新の規格で固めてあります。

P4044986.JPG
ドライブトレインはSRAM EAGLE1×12

700RCも含めて何度か乗ったことがあるのですが、このバイクはとにかくレーシングスペックにありがちなシビアさがほとんど感じられない。懐が、スイートスポットがとても広くどう乗っても扱いやすい自転車です。
レーシングバイクとしてだけでなく、トレイルバイクとして使用しても十分優秀で楽しい、そんなバイクでした。これで王滝かっ飛ばしたらさぞ快適でしょう。

さてこちらはモディファイの方

P4224997.JPG
SCOTT SPARK720

こちらは少し前のSPARK
このリンク形式は現在もGENIUSシリーズで採用されていますね。シンプルで軽量でこれはこれでいい方法です。こちらもアップデートということでDi2にしてみました。

P4225000.JPG
メインフレームはハーネスを内装
アウターストッパーをゴリゴリと削り排除します。
万が一ワイヤー式変速に戻す場合は、その場合はフルアウターにすればいいですね。MTBでは珍しくない方法ですし。

P4225001.JPG
チェーンステイ部分に穴あけてハーネス内装も考えましたが見た目と手間とメンテナンス性に配慮して外装に。

P4225002.JPG
外に露出するハーネスはいろいろ使って養生。
MTBはロードに比べたら転倒も多いし枝や飛び石なんかでダメージを受ける可能性が低くありません。

P4224999.JPG
フロントシングル用にチェーンラインを合わせて完了

これで王滝100kmをモリモリっと走っていただきます。
頑張ってください。
posted by オガワサイクル 店主 at 00:00| 日記