2018年03月02日

KONA

遅くなりましたが2018KONAの入荷がいよいよ始まりました。

P2165149.JPG
BIG HONZO DL (M) 249,000
昨年大人気で速攻完売となったモデル。

P2165145.JPG
BIG HONZO (M) 178,000
同上、廉価版
ちなみに、29インチの車輪飲み込めます。

P2135122.JPG
CINDER CORN (L) 149,000
フレームがフルモデルチェンジとなったKONA MTB HT
入門用としては上位に位置します。あとはちょっといいペダルつけてドロッパーポスト装着すれば申し分ありません。

P2135125.JPG
BLAST (M) 109,000
このモデルからステルスドロッパー対応しています。フレームがいいのでこれ買ってちまちま改造していくのも楽しいでしょう。

P2135118.JPG
FIRE MOUNTAIN (M) 89,000
このさらに下にLANAIがありますがここからディスクブレーキが油圧になるのでお勧めはこの辺から
2カラー展開です。

P2155142.JPG
ROVE ST (50) 165,000
スチールのROVE
街乗り、CX、キャンツーなんでもこなせます。落ち着いたデザインで飽きが来ません。多分。

http://www.konaworld.jp/
WEBサイトも更新されております。

P3015179.JPG
カタログも届きました。めっちゃ沢山あるので皆さん貰ってください。

28278976_1615203008573448_1040976456046755446_n.jpg
HEIHEI AL/DL (M) 334,000
先日山伏トレイルに行った際に借りてライドしたのですがとても乗りやすく調子が良かったので試乗車を一台拵えることにしました。

P2245158.JPG
HEIHEI DL (M) 259,000
18完成車をそのまま下ろしてもよかったのですが国内在庫の残りが大変少なくなっているので昨年モデルのフレームから仕立てることにしました。今年のラインナップにはないカーボン仕様ですがジオメトリ等基本的な点は変更ございません。仕事が手すきになったらボチボチ組んでいこうと思います。

そしてこちらは2017モデルになりますがございます。

P3054943.JPG
SUTLA LTD (54) 209,000
2018のSUTLA LTDの54サイズは既に完売となっております。

P3015177.JPG
TONK (49) 92,000
10万以下で購入できるロードバイクとしてお勧めしています。タフでシンプル。
10万以下の入門ロードにありがちな見た目の安っぽさがないのが良いですね。これベースにフルカスタムしたらかなり格好良くなりそうです。今は無くなってしまいましたがSURLYのPACERなんかに近い雰囲気です。
ホームセンターや量販、メルカリなんかで紛い物を掴まされそうになる高校生の男子なんかに乗ってもらいたいですね。おんなじくらいの値段で提供できますよ。

そしてこちらは委託中古車
21534555_1374215672676952_1124173812_o.jpg

21556325_1374215669343619_1817995820_o.jpg
Supream Operator (M) 250,000
ゲレンデで4回ほど使用。
クランクは1回のみ ブレーキに至っては新品です。
フレームから組み上げました。メインコンポーネントはSHIMANO SAINT
フォークの見た目は旧BOXXERですがSOLO AIR化、CHARGER DAMPER化で改造済みです。
フレーム価格で完成車が購入できる、といえばかなりお買い得だとご理解いただけると思います。
(ペダルは付属いたしません)

P2135138.JPG
TARO (M) (プライスはお問い合わせください)
HONZOのご先祖様、というほど古くないですが少し前のKONAの29HTはスチールがHONZO、アルミがTAROでした。今ではHONZOに統一されています。

P2135137.JPG

P2135135.JPG

P2135134.JPG

P2135133.JPG

フレーム、シートポスト、ヘッドパーツ、フォークを除いたすべてのパーツが交換済みです。
posted by オガワサイクル 店主 at 00:00| Comment(0) | 新入荷

2018年03月01日

SOMA 

SOMAのSAGA DCを組ませていただきました。

フレームから組む時はインターネットで検索して先人たちはどんな風に仕立てているか参考にすることが多いのですが、このSOMAのSAGA DCは検索してもほとんどでてきやしません。ということはほとんどだれにも触られていない未知のバイクってことでそれはそれで面白いよねと、SAGA DCで検索したら一番に自分のバイクがフックするってちょっとイイよねと、お客さんと二人でノリノリで取り組みました。

PC245099.JPG
お客さんの手持ちの部品が結構あったのでそれを上手に利用。
EASTONのEA90のホイールはデザインといいリム幅といい上手く嵌りました。
泥除けのや荷台の装着も考慮して二分の余裕を残して完成。
少し派手化と思いましたが思いのほか落ち着いた立ち姿になりました。

PC245100.JPG
FC-T780 48-36-26 with チェーンガード
ドライブトレインは今となっては珍しい3×10をGAVENALLEで操作。
ツーリング車は前3枚がトラッドなんです。

PC245101.JPG
センタースタンド用のステーが設けられておりESGEのダブルレッグスタンドがぴったりと収まります。
キャンピング想定なので荷物フル装備で自立するってのはありがたいですね。
いやホント、自立した状態でパニアパックとかの着脱ができるとめちゃくちゃ楽なんですよキャンピングは。

PC245102.JPG
警笛はちょっと贅沢にSUPERCYCLEのベルを装着しました。
こんな澄んだ鐘の音を鳴らされたら立ち止まって振り向かずにはいられません。極上の音。

オーナーさん既にパスハンティング的な楽しみをされているようで、満喫してくれているようです。
これから暖かくなったらキャンプツーリングも良いですね。

ちなみにこのフレーム、フレームサイズによって車輪のサイズが異なるので要注意です。
〜52cm 26インチ
54cm〜 700c

IMG_6180.JPG
変わってこちらは少し前に組ませてもらったFOGCUTTER
カーボンフォーク仕様のディスクロードです。
ロードの延長で使用したいということだったので全体的にライトな感じに拵えてみました。

IMG_0483.JPG
流行りのデカサドルバッグもいいけれどここはトラディショナルに専用ステーと一緒にCarradiceを装着
見た目だけでなく使用感も大変良いとお気に召していただきました。
posted by オガワサイクル 店主 at 17:29| 日記