2016年12月25日

ブレーキのメンテナンスはお早めに!

先日の福王4時間耐久レースを走られた自転車が持ち込まれました。
あの日は土砂降りで大変だったんですよね。
ブレーキが利かない、といいことでチェックしてみると

PB284722.JPG
このピストンの出しろはまずい。ブレーキパッドどころかバックプレートすら見当たらない。

PB284723.JPG

案の定パッドは完全に無くなりバックプレートとローターが接触していたよう。
もうすこしでバックプレート貫通してピストンまで逝くところでした。

PB284724.JPG

ブレーキローターも完全にアウト。真ん中の一番薄いところは1.0mm下回ってます。
このまま使い続けると走行中にローターが破断して大事故につながります。
昔、リムブレーキが全盛だった時はリムサイドで同様の症状があり薄くなり過ぎたリムがタイヤの内圧に負けてリムが破損、なんてことも珍しくありませんでした。

雨のレースはローターやパッドに泥が付着してそのまま挟み込まれるのでドライの時よりもブレーキパッドの摩耗が激しいです。とくにレジンパッドはメタルパッドと比較するとやや柔らかいのでゴリゴリ毟れてしまいます。
雨天レースの場合はスタート前にブレーキパッドの残量をしっかりと確認し、残量が半分を下回っているくらいなら新品に交換して臨むのが好ましいです。
それと、ブレーキパッドだけでなくブレーキローターの厚みにも気を配ってあげましょう。
よくわからなければ早め早めに点検に持っていらしてください。適切なアドバイスを差し上げます。


あ、福王耐久レースの件で思い出しました。

15300612_1814220115460647_1477516699_n.jpg

当日はこんなでした。上から下からドロドロ。
1周走っただけでこの有様。もちろん転倒してません。

で、当店のオリジナルジャージも作成からじきに2年が過ぎようとしています。
シクロクロスやMTBのレースでの出番も多くそろそろボロボロになってきたので新しいのを作ろうかと思います。これからMTGに入るので完成はたぶん暖かくなるころに。
今度のヤツは泥汚れなんかも考慮してもう少し黒っぽくいきたいと考えてます。


あと、福王の件でもう1つ

1/22(日)に福王耐久レースが行われたコースが解放されます。
AM8:00スタートとのことですので朝方ちょっくら走ってから店をオープンしようと思います
参加無料ですのでご興味ある方はぜひ

【1/22】福王山MTB耐久レース 走行会(試走) 1月度
posted by オガワサイクル 店主 at 00:00| 日記