2017年04月12日

センチュリーライド 下見ライドA

今回のルートですが、オガワサイクルを出発して上石津から五僧を超えて多賀に降ります。


IMG_5458[1].JPG
五僧峠の登りはそんなにきつくありません。私の脚でも途中までアウターで踏んで行けるくらい。アウター50Tだけど。

IMG_5459[1].JPG
寂しい道ですねぇ。こういうとこ来るとゾクゾクします。いい意味で。

IMG_5461[1].JPG
上はこんな風にまだ雪が残っている程度には寒いです。この日は日中で8℃くらい。
ウインドブレーカー、もしくはベストがあると良いですね。
全般的に三重県側は暖かく滋賀県側は寒かったです。日中の気温が14℃前後で秋冬用のインナーに裏起毛の長袖ジャージにベストをプラスして滋賀県側がちょっと寒く感じました。グローブは指切りだとかじかむかも。かといって冬用は大げさ。当日の気温が15℃前後ならシューズカバーもあるといいです。20度近くあればいらんか。

IMG_5464[1].JPG
道はだいたいこんな感じです。ちょっと道が悪いですが未舗装路はありません。なんでロードで走れます。
自分は今、春のクラッシックレース「北の地獄」を走っているんだと思い込みながら走ると楽しいかもしれません。ボーネンおつかれさまでした。
普通の23Cのタイヤで大丈夫ですがContinentalのsupersonicとかVeloflexのrecordみたいなぺらっぺらなタイヤは流石に推奨しません。4seasonやGRAVELKING SK、Fomula Pro X-GUARDとか履いてたら申し分ないです。
銘柄だけでなくタイヤのコンディションにも気を付けてください。深い亀裂なんかあれば要交換です。
予備チューブやパンク修理キットも各々持参してください。パークツールのTB-2とかおすすめです。

IMG_5468[1].JPG
ちなみに時山から多賀に抜けるまで一切の補給スポットはないので行動食くらいは各自用意しておきましょう。前回の試走でうっかり忘れた私はハンガーノックで死ぬかと思いました。
日曜日は道すがらにある和菓子処「えぼし」がやっているので入山前にそこらで草餅でも買っていくのも乙です。要望あれば寄ります。

IMG_5475[1].JPG
ブレーキパッドの残量にも注意。ミリ単位で摩耗するほど酷使はしませんが路面がアレなので下りは終始ブレーキ握りっぱなしですので念のため。あとホイール、アルミとカーボン選択できる人はできればアルミで。

IMG_5465[1].JPG
保月の廃村。昭和51年に廃村となったそうですがまだ人の出入りはあるようで比較的新しい建物がありますし電気も通っているようです。いいですよね廃村。人工物が朽ちていく姿に寂を感じます。もののあはれ。

IMG_5477[1].JPG

IMG_5480[1].JPG
昼は多賀大社近くで名物の多賀そばか鍋焼きうどん、あるいは多賀SAに裏から入ってランチ。色々食えるのが魅力。
ここはまあ、当日の流れでお願いします。ドーナッツとかちょろぎとか糸切り餅とか、色々あります。多賀。

IMG_5479[1].JPG
まさか自転車で高速乗ってきたわけじゃないでしょ?って声をかけられたのですが「そうなんですよ警察撒くのが大変で命からがら振り切ってきました」ってするりと答えられるユーモアのセンスが欲しかったです。

ここまでで大体半分。正確には4割強だけど精神的には半分です。楽勝です。貧脚の私が言うのだから間違いありません。ただ、貧脚の店主が楽勝っていうなら楽勝だろうと侮る人にはちょっとしんどいかもしれません。ああは言うてるけど念のため警戒しとこう、くらいの心構えで来てください。多分楽勝です。

IMG_5476[1].JPG
その後は宿場町をかすめながら旧中山道〜中山道を通って養老を目指します。

IMG_5484[1].JPG
桜が満開〜散りはじめくらいで最高でしたよ。

IMG_5486[1].JPG
醒井(サメガイ)らへん。サメガイってエドガイと似てませんか? トビアス・サメットだし
ジャーマンメタルのバンドなのにボーカル上手いですよねサメット

IMG_5487[1].JPG
イケてる水路。水路がきれいな町に悪い町はない。水路が綺麗に整備されてるってだけで1000点加点です。流れている水もきれいなので10000万点加点。上流で鱒の養殖してるそうで、然り。

この後は過去に参加された方は大体見覚えのある道です。
全行程で約140km 7:30に出発して16:00に到着予定です。

ルートの状況はサプライズにしてもよかったのですが、こんな道なんて聞いてねえって言われたらたしかにその通りなんで一応言ってみました。実に楽しい道です。嘘じゃないです。

それではみなさん、当日をお楽しみに。
posted by オガワサイクル 店主 at 21:00| イベント

2017年04月11日

春のセンチュリーライド 五僧〜多賀

告知が大変遅くなって申し訳ございません。今年もやります春のセンチュリーライド

今回は今までにないルート選定ということでちょっと時間がかかってしまいました。
一応こんなルートを引いてみましたが、仮です。
明日2度目の試走に行く予定です。



ざっくりいうと当店を出発して多賀まで行って帰ってくるルートです。
今回は峠を一つ入れたので少し短めの120km。峠いうても私が苦もなく越えられる程度の峠です。
当初は復路に石槫峠もしくは武平峠を入れる予定でしたが、試走してみてちょっとしんどいかなと思ったので前半のみとしました。石槫の上の方はまだまだ雪だらけです。
復路は地図では来た道を逆に辿るルートを示していますが上石津から梅林公園の脇をかすめるTOJいなべSTGを行ってもいいですし、養老山系の裏側から桑名に出るルート、もしくは二之瀬越え、あるいは輪之内町から木曽三川公園までまっすぐ降りてきてもいいです。この辺は明日以降検討して告知します。

集合場所:オガワサイクル
日時: 4月23日 日曜日 午前7:30
出発時刻を午前7時30分としますのでそれに間に合うように各自集合してください。

基本は現地集合、現地解散で飛び入りももちろんOKですが、参加の意思ある方は事前にご一報いただけましたらとても助かります。

装備品ですが
・自転車
・ヘルメット
・給水用ボトル
・工具(携帯用ポンプ、工具、予備チューブ等)
・現金
・補給食

時期としては春もさかりですが気温は読めませんですので天気予報と予想気温を確認して適切な装備で臨んでください。高くはないですが峠を一つ越えるのでそのあたりは少し肌寒いと思います。下りもあるのでウインドベストがあると良いでしょう。
また、途中トンネルを抜ける箇所が何箇所かありますのでライトも必要です。

昼食場所は検討中ですが駐輪して自転車から離れる可能性もありますのでロード用ビンディングの方はクリートカバーがあると便利でしょう。あと駐輪用の鍵(ワイヤー、チェーンロック等)

雨天中止or順延です。
その際の判断は4月22日(土)18:00にこちらにていたします。

ちなみに先週下見ライドに行ってきた時の様子はこんな感じ。

IMG_5436.JPG
いきなり雪で通行止め

IMG_5437.JPG
鞍掛のスノーシェッド
全面通行止めなんで車ほとんどいません。

IMG_5439.JPG
多賀のドーナッツ屋さん。2坪くらいの小さなお店。
補給食に丁度いいサイズ。美味かったです。

IMG_5440.JPG
お昼は多賀そばをいただきました、肉つけ汁そば
多賀は鍋焼きうどんも有名のようですね。

IMG_5441.JPG
犬上ダムから某宗教施設の脇を抜ける道、アップダウン多し

IMG_5442.JPG
道のど真ん中にいきなり発生する川

とまぁこんな感じでだいぶと趣味に走ったルートを引いてみました。
ロードで通れる道を確認するためちゃんといつものMBKで行きましたよ。
とはいえこのルートはなんぼなんでもあんまりだったので没です。しんど楽しかったですけど集団走行向きじゃないです。酷道石槫のてっぺん越えて戻ってくる予定でしたが雪に阻まれたためトンネルで帰ってきました。寒いし狭いし暗いし自転車で通るところじゃないですねあそこは。

そんなわけで明日4/12(水)は晴れそうなんでもう一回下見に行ってきます。
久々のロングでちょっと楽しくなってるみたいです。
posted by オガワサイクル 店主 at 01:52| Comment(0) | イベント

2017年02月13日

山伏トレイルツアー

2/11、2/12はお休みをいただいて毎年恒例の山伏トレイルツアーへ遊びに行ってきました。

いつもはFACEBOOKで報告しているのですが、今回はBLOGにてツアーレポートを作成してみましたので、ごゆっくりとご覧になってください。スクロールは長めですが文章は少なめなので5分くらいで読めます。

IMG_5043.JPG

天気は快晴。富士山がくっきりと見えてテンションがアゲアゲです。
恐れていた雪ですが丁新東名を降りる沼津はギリギリ影響下になく、大きな渋滞にもはまることなくスムースに通過。

ちなみに今回の道中はソロで行く予定でしたが、この日のために仕上げたバイクの納車がありましたので急遽オーナーのOKOさんとご同道することに。ありがとうございました。

P2104923.JPG

DARTMOOR PRIMAL PLUS
29/27.5+対応のトレイルバイク。今回は27.5+にしてみました。
BOOST規格の車輪組はこれが初めてでしたが良いですね。オフセットリムと合わせると御猪口がほぼゼロになってシングルスピードの車輪みたいにがっちりしたのが組めます。
良い機会をいただいたOKOさん、本当にありがとうございます。

IMG_5108.JPG


伊豆半島に入ってからはちらほらと河津桜が咲いているのが見られました。
染井吉野より2か月ほど早い2月初旬から開花しはじめて3月頭まで見ごろだそうです。
そんなわけでしてこの時期の伊豆半島は河津桜に沸くわけですが、それに伴って渋滞も発生するため用心が必要です。清水港から土肥港までフェリーが出ているので時間が合えばそれを使うのも良いでしょう。


IMG_5091.JPG


ほどなくしていつもの港に到着。
いい感じの水深で、いつかここでライドの後に魚釣りしたいんですよね。
地元の小学生が早速釣り糸垂らしてました。

IMG_5100.JPG


隣接するお土産センターでいつものねこがお出迎え。
人懐っこくて舌がペロリと出ていてめちゃくちゃかわいんですよ。

IMG_5070.JPG


積み込み準備を終えると早速出発
実はわたくしが仮眠を取り過ぎて5分ほど遅刻したことをここで懺悔します。ごめんなさい。

IMG_5051.JPG


この日のガイドは日本でイチバン松崎の山を走る男ヘイマンこと平馬啓太郎さんと冬の間ゲストガイドとして乗鞍から来てくれている吉田力也さん。いつもお世話んなります。




IMG_5047.JPG

IMG_5064.JPG



IMG_5050.JPG


この日の西伊豆は珍しく冷たい風が強く吹きとても寒い朝となりました。
とはいえ、ここいら辺よりは十分暖かいんですが。
そんな朝イチということでみんなライドも表情もやや硬め。まぁ、だいたいいつも一本目はこんなもんです。そのうちほぐれます。

IMG_5057.JPG


バイクはMONDRAKERのFOXYを使用
いままでずっとハードテイルばかりで、フルサスで走るのは初めて。
久々で勘が鈍ってたのでちょっとでも楽したかったという気持ちも少しだけ。

IMG_5072.JPG
キミ一人だけ季節感違くない?



IMG_5075.JPG
「考えるふりをする人」


IMG_5067.JPG
川渡りも押上げも担ぎ上げもあります。
とれいるだもの


IMG_5071.JPG
新品ひげ付きワックス付きのMISSILEとかどっから出てきた!
そしてそれを惜しげもなく投入とか…


IMG_5074.JPG
滑落もありましたが怪我がないようなのでとりあえず笑います。トレイルでは笑われないと転けた方も浮かばれないのです。


IMG_5049.JPG


エピックライドツアーはそこそこ登ります。
登坂というには大げさですが、ゼロだと思っていると後悔します。
DHみたいなギア比でなければ大抵大丈夫。
『また登り!?』
「あと4回あります」
「これが最後です」
「この坂は0.5でカウントします」
「この坂が最終章第一節です」
こんなやり取りが何度かありました。
無くてもいいけどあるとやっぱり便利ですね、ドロッパーポスト。

IMG_5079.JPG


この日のベストショット
風光明媚な松崎のトレイルを象徴する一枚になったと思います。

IMG_5082.JPG

IMG_5095.JPG

IMG_5081.JPG


ライディングの後はYAMABUSHI TRAIL BASEにお邪魔して歓談の一時
いい雰囲気でここでお酒飲んだらそれは楽しいでしょう。

夜はお待ちかねの宴会


IMG_5086.JPG

IMG_5087.JPG

IMG_5089.JPG



地元の井むらさんにて水揚げされたばかりの新鮮な魚をいただきました。やはりこれをやらないと一日が終わらないです。最高
相当な量飲み食いしたので次回はコース料理を予約してもいいかな


IMG_5092.JPG


明けて翌日もライド。
朝食を採ったら後、前日の酒も疲れも残さずガンガン行きます。
この日は前日と打って変わって無風でとても暖かかったです。

Image_00184ce.jpg

大岩を手掘りで削り開通させた道
気の遠くなるような時間がかかったのでしょう。きっと。

Image_9c1848b.jpg


半日ということで2本走りました。もう1本くらい行ってもいいかなと思いましたがそこはそれ腹八分目がベターです。怪我するのは大抵最後の一本ですしね。
恙なくファンライドツアーを終えて無事解散と相成りました。

その日のお昼は以前から気になっていたこの店に

IMG_5104.JPG


「名物」でもなく「味自慢」でもない。
「ウワサの」っていうところが妙にそそります
みんな気になっていたみたいですが港町なら魚食わないと、みたいな感じで言い出せなかったようです。
良い機会なので提案してみたところ満場一致決定

IMG_5101.JPG


カツはかなり分厚めでボリュームありました。カレーはしっかり煮込まれて粘度は高め。金沢カレーに近い感じです。
「ウワサのカツカレー」というだけあって店内はかなり賑わっておりほとんどのお客さんがカツカレーを注文していました。ヘイマン情報だとタンメンも美味しいとか。

IMG_5109.JPG


帰りは土肥から清水まで運航してる駿河湾フェリーに乗船。半日のツアーの後であれば余裕で間に合います。

IMG_5113.JPG
さらば松崎。また来年くるよ。

IMG_5115.JPG
稜線がくっきり見えます。

IMG_5121.JPG
県道223号線

IMG_5122.JPG
富士山

IMG_5123.JPG
三保の松原



約1時間で清水港に到着
あとで陸路から帰ってきた仲間に聞きましたが渋滞で全然進まなかったそう。
13:30に土肥港に到着して14:40の便に乗ったのですが、私が清水に到着した時点で未だ沼津周辺だったとか
少しばっかり船賃掛かりますがフェリーは正解だったようです。楽だし久しぶりの船は楽しかった。
こうなると往路もフェリー使うのありですね。清水港8:00の便があるから9時に土肥に到着します。
渋滞知らずで楽ちん


ここまで時系列順にまとめたのは来年の参考にするためだったりします。
来年もまた2月の時期に行きますので、これ見て少しでも興味持っていただけた方がおられましたらば、ぜひ行きましょう。
posted by オガワサイクル 店主 at 20:48| Comment(0) | 日記

2017年01月24日

Problem Solvers

久々にユニークな商品が入荷しましたのでご紹介します。


ProblemSolvers MissMatch"


SRAMのmatchmakerにひっかけた名前でしょうか、シマノのブレーキとスラムのシフター若しくはその逆の組み合わせで結合できるアクセサリーです。大げさなものじゃあないですが、あったら痒い所に手が届く一品です。


Figure_6_Fade.jpg

P1244875.JPG
ProvlemSolvers Missmatch 1.0&1.1

SHIMANOブレーキレバーとSRAMのシフトレバーの組み合わせ
・1.0(iSPEC A)左右ペア¥4,650 右のみ¥2,850
・1.1(iSPEC B)左右ペア¥5,150 右のみ¥3,100



Problem-solvers-new-2015-2.jpg

P1244874.JPG
ProvlemSolvers Missmatch 2.0

SRAMブレーキレバーとSHIMANOのiSPECシフトレバーの組み合わせ。
左右ペア ¥5,150

ブレーキレバー側がmatchmakerに対応していればOKなのでAVIDはもちろんFomulaやMAGURAでも使用可能です。
posted by オガワサイクル 店主 at 13:01| 新入荷

2016年12月27日

フロントシングル化のススメ


PC204850.JPG
フロントダブル + 純正リモートレバー

ハンドル回りのレイアウトが結構煩雑になります
大抵のメーカーの純正レバーとTOGSってもう一つ相性が良くないんですよね。

今回は前ギア一枚にするということでとりあえずシフトレバーを取っ払ってみました。

PC204851.JPG
フロントシングル + 純正リモートレバー

かなりすっきりしましたがここでもう一工夫

PC204852.JPG
フロントシングル + WolfToothComponents Remote lever(iSPEC AB)

シフトレバーがあった位置にぴったりと収まります。このフィット感が素晴らしい。
レバー比も高めなことに加えてピボットに大径のベアリングが入っていますので操作感はとても軽いです。今まで触ったリモートレバーの中で一番軽い。

20161102_1795590.jpg
写真の通りボルトでケーブルを固定できるのでGIANTのCONTACT SWITCH SLやKINDSHOKのLEV INTEGRA(旧型)のようなタイプにも簡単に使用できます。

価格は7,560円(税込8,165円)
iSPEC AB用、iSPEC U用、matchmaker用の三種類がございます。
ちょいとお高めですが一度使えば納得の操作感です。

おまけ
PC204853.JPG
フロントメカを外したのでケーブルの挿入口が一ヶ所余ります。
これを使ってリモートレバーへケーブルを引き込みました。
露出しているケーブルが一本減ってすっきり。
posted by オガワサイクル 店主 at 11:51| 日記